社会変容

日本が転換を目指している「サーキュラーエコノミー(循環経済)」

サーキュラーエコノミー(Circular Economy)とは、これまで経済活動の中で廃棄されていた製品や原材料などを「資源」として循環させ、設計段階から廃棄物を発生させないという考えを軸にした経済システムです。

官民連携の推進

国や地方自治体との官民連携を進めることで、プロジェクトの公益性を高め、ご参画いただく事業者さまや社会全体に対し、最適な環境価値をご提供できるよう取り組んでいます。

J4CE(循環経済パートナーシップ)

2021年に環境省、経済産業省、経団連によって発足された団体です。本プロジェクトは「J4CE注目事例集(2022)」に選定された事業です。

埼玉県

埼玉県は、資源の循環利用と県内産業の成長のため、サーキュラーエコノミーを推進しています。

サーキュラーエコノミーに取り組む事業者、市町村、消費者団体等で構成する「埼玉県サーキュラーエコノミー推進分科会」を埼玉県SDGs官民連携プラットフォーム内に設置しています。

GSHIP(広島県)

広島県が瀬戸内エリアで先頭に立って海洋プラスチックごみによる環境汚染の問題を解決すべく設立した官民連携組織体です。

企業や関係団体、行政等の幅広い関係主体が連携・協働して海洋プラスチックごみ問題の解決に取り組んでいます。